ごろうちゃん

ごろうちゃんストーリー

久しぶりの雪道に悪戦苦闘

久しぶりに雪が降り、「雪だー!」と喜んだのもつかの間、道でスベって転んでしまいました。

もちろん、大人ですし、子供のようにはしゃいでいたわけではありません、細心の注意を払って雪がある部分はよけながら歩いていたのです。

しかし、雪がなくて地面が見えている場所を目掛け足をおろした途端ツルンといってしまったのです。

地面は見えていたのですが、実は表面が凍っていたんですね。びっくりしました。

テレビのニュースでも、雪が降った次の日の方が路面凍結により転倒事故が多くなると報道していましたが、本当にその通りだと思いました。

たとえ雪がない部分でももうどこが凍っているか目を凝らしてでも見ないと判別できないのですよね。

特に日陰になっている場所や歩道橋など、雪が溶け始めてもしばらくは注意しながら歩行しなければいけませんね。

土, 2月 3 2018 » ごろうちゃん日記

コメントを残す