ごろうちゃん

ごろうちゃんストーリー

江戸時代の知育人形は凄いと思いました

私は人形が大好きなので人形という言葉を聞くとすぐに反応してしまいます。

 
先ほどテレビで見たのは知育人形でした。

 

現代の知育人形としてメイク遊びを楽しむことが出来るメルちゃんを紹介していましたが、江戸時代の知育人形として紹介されていたのは姉様人形でした。

 

まさか江戸時代にも知育人形なる物が存在していたとは知りませんでした。

 

人形とは言っても和紙で出来た人形なのですが、当時の子供達はこの人形を使ってお人形遊びを楽しんでいたそうです。

 

髪型を変えたりすることは出来ないようですが、帯を変えたりすることは出来るようです。

 

子供達はこの人形を使って着物の帯の結び方を学んだそうです 。

 

昔は着物を着るのが普通でしたからね。

 

最近日本人なのに自分で着物を着れないのはおかしいという話が一部で話題になっていましたが、このような知育人形が遊んでいれば帯も自分で結べるようになっていたかも知れないですよね。

 

当時どのくらいの値段で売られていたのかも気になります。

水, 1月 24 2018 » ごろうちゃん日記

コメントを残す